カラオケ行ってきたww

朝11時に店の前に集合!

無事店内に入り、庚時が店員さんと会話を交わす。

來「あたしのど痛いんだよねー飲み物どれにしようかな」
hi「あったかいのとか」
モ「これにしなよ」(と氷が出てくる機械を指さす)
來「氷じゃん」
hi「水だけでも出せるみたいだよ」
モ「絶対水のほうがいいって!体のほとんどは水でできてるんだよっっ」


そしていざ、フリードリンク。。
結局來歌は水でなくカルピスを選ぶ。hikaruは一人コーンスープ。
何故かいつも使わないタンバリンをもってレッツゴー!


私が一番で歌ったんだけど最初っからアニソンでハルヒ熱唱ww
「いきなりアニソンかよっ」とか突っ込まれる始末。
それでも容赦なくアニソンしか歌いませんでしたけどね(根性っ!!)


そんな中、庚時と來歌はデュエット(っていうんだっけ)でコブクロ熱唱。

・・・・うますぎだ!
お前ら、そのままチーム組んで歌手になればいいよっっ!!

どうやらこの二人、学校帰りに毎日カラオケ行って練習してたらしい。
この日のために。なんじゃそりゃっ!めっちゃ気合入ってるよっ!

カラオケでこんなに人の歌ってる曲に聞き入ることってないだろうな~
なんて感心してる最中、ハプニング多々。


(曲:蒼く優しく)
庚「和音が・・・わかんねっこれっっ」

そんなぁっっ!!めっちゃノリノリで歌ってたやん!!


(曲:蕾。終盤の和音のないサビのとこ)
庚「(和音の必要がなく暇な庚時。と、影絵のリスの母が喰われる)
  ママを返せー!!ママー!!(リスの気持ちをアテレコ)」
來「(吹き出しながらも耐えて歌う)」
庚「・・・ままーーー!!!・・・あううぅぅぅぅ(泣)」
モ・hi「ぶっ(絶えられず吹き出す)」

ここめっちゃいいところなのにっ!アテレコで笑えたww
そしてその後何もなかったかのように歌い始める庚時もウケるww


あとこの二人は、歌の練習だけではなくタンバリンの練習もしていたらしく。
タンバリンがメッチャうまかった。
庚時もうまいんだけど。

庚のタンバ「ジャカジャカバンジャカジャカバン、バン、バン、ジャカバン」

どれかにリズム統一しろ。

最終的には來歌のリズムのとり方がうまいせいか、庚時は來歌を妨害。

來歌が歌ってるときにタンバリン攻め。

その音のでかさは部屋を出て1メートル以上離れても聞こえるほど(でかっ)

だいぶ根に持ってますね(笑)

他にも庚時はいろいろやってました。

來歌のメロンスカッシュだか何かに自分のコーラを混ぜようと奮闘したり。(その間に私が來歌の飲み物を頂戴)

來歌がButter-fly熱唱中に

來「何がwow wow wow wow wow」
庚「wow wow wow wow wow wow(メッチャ高音ボイス)」

でめっちゃ邪魔してました。見てるこっちは面白かったけど。


また、來歌がタッチ歌うときに、「タッチ」っていうのが大変らしく、それを庚時にいってもらうように頼んだらしいが、

來「ここにタッチ 貴方から~」(すごく真面目に歌ってる)
庚「タッチ!!!!」(力む)

っておい!何でタッチ!?
まるで鬼ごっこで必死にタッチしてるみたいな言い方でした。



と、お昼時になったので食い物を注文。
から揚げとじゃがいもの団子揚げっぽいのと春巻きっぽいのと軟骨揚げ(揚げ物ばっか)
第一弾にきた揚げ物と一緒に来た爪楊枝は・・・

モ「お。みんなケチャップ漬けだww」

第二段にきた揚げ物と一緒に来た爪楊枝は・・・

來「恐ろしくない?これww(レモンに刺さった爪楊枝4本)」
庚「てか基本的におかしいよねwwとりあえず刺さってりゃなんでもいいのかよっww」

店員さん、勘弁しとくれ(笑)



そうそう。一度だけ、來歌も変なことしてました。

私と庚時が部屋に帰ってくると、來歌が椅子の上に立って熱唱中。

モ「こ、庚時!!変人がいる!!」
庚「あ、ホントだ、変人がおる!!」
モ「変人変人!!(退出)」

そして退出したついでに空室になってるでかいカラオケ部屋の観察(もとい侵入)


そんなこんなでカラオケは6時過ぎに終了、そのまま解散しました。

やっぱり面白かったですよww

みんな歌うまいから、待ってる間退屈しないしww

歌以外でも楽しめるし。

また行けたらいいな~このメンバーでww

その時は20時までいりびたるっ!!
[PR]
トラックバックURL : https://mowing.exblog.jp/tb/7312961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by monana-natsuki | 2008-02-21 15:05 | 日常をば | Trackback | Comments(0)

演劇・アニメ漫画好き。絵描いたり文書いたり動画作ったり歌ったり。twitterが主な生息地ですがこちらも復活していきたい所存。


by 夏稀モナナ