如月公演

見てきましたー!!

雨降ってたの最悪だったけど、そんな中岡崎は三島からはるばる一緒に観に来たけど(笑)、県大会とかと違う意味で勉強になる事はあったと思うよ←すごく失礼でごめんなさい


いやーそれにしても、まさか一発目から「ごはんの時間2ぃ」だとは……!!!! 批評カードを見た瞬間「ぬぬっ」と反応してしまった私ww
実際観たら……うんんっ!? て感じだったけど(笑)


次に母校市商の「死ぬほど怖いものだから」、次に大学の新入生歓迎公演でもやった「自殺願望」、そして「~ぶち壊し御伽噺~ 頑張れワカゾー」、最後に「サンタクロースが歌ってくれた」てこんな感じでした。


一番私が好きなのは最後のサンタクロースだったな。まぁつい最近自分が時代物をやったという影響もあるんですがww
でも聞き取りやすさがちょっと足りなかったから、そういう冷静な目で見たら市商が一番。。

やっぱり台本選びとキャスト選びって重要だなと感じましたね。



「ごはんの時間2ぃ」


私が高校三年生だった二年前。

コンクールでこの台本をやることが決まって、理恵役を任されて、二回連続の県大会出場が決定した。
その県大会はテスト期間中ていう最悪な状態で、しかも三島のゆうゆうホールまでリハーサル合わせて二回行かされたww 更に言うと、リハーサル日は私の検定の日で、時間ギリギリになって検定会場へ滑り込んだという思いでもあるwww

結果発表の時に効果音つきで一番最初に名前を呼ばれて、めちゃめちゃはしゃいじゃったのに、それはフェイクで実は関東大会まであと一歩の三位だったというオチ。

そんな高校最後の立ち舞台であったのがこの台本です。観たという殿ともちょっと盛り上がった台本w


そのせいなのか、だからなのか、自分のやった「ごはん」が一番だと思っているからか、それとも多くの人が思ったことなのか。

この台本の良さ・面白さ・考えさせられる事が伝わってこなかった。一本調子で、台本知ってるはずなのに、どれが誰だか最後までよく分からなかったし、何を話題にしてるのか分からなくなった。照明は良いけど音響が微妙だった。後ろの席の女子高生がこの台本のどこが面白いってバカにしてたから、一言文句言ってやろうと思ったけど、そう思われるのも仕方ないと思った。その割りにこの女子高生、ANZYがマイク持って感想言い出したら「わっANZYさんだ、ANZYさんだ」てうるさかったけどな。そのANZYさんの話を良く聞け。お前らが馬鹿にした台本で宇野をやってのけたんだぞw
ま、そんな劇だった。すごく残念。残念すぎて自分の劇がどんなだったか見直したくなった。

そしてすごく余談だが、私達が練習&本番が終わる度に食い争っていたエビフライ&メロンパンが、エビフライ&カロリーメイトに変わっていたww なぜカロリーメイトwww 食べやすいからかwww



「死ぬほど怖いものだから」

一週間前に練習観に行ったときは、こりゃダメか…と思った。そんな直球で言ってないけど、遠回しに言ってしまったし。

まさか、そのせいで目覚めたのか!? よくわからんが、一週間前に観た時とは人が違うように上達しててびっくり!! えっ、一週間でこんなに上達すんの人って??

しかも「これはすぐ改善できないだろうな。経験がいることだよな」と思っていたことをクリアしてらっしゃる……何が起きた!?


思えば、二年前にも同じことを言った事を思い出した。
私達が卒業した後の六月公演、顧問もすっごいげっそりしてて(笑)、こりゃだめかもしれん……て心配しながら本番見たら、ぜんっぜん上手で驚かされたんだよなww
市商って、そういうのがあるのかもしれんww けつかっちんの威力かwww


「自殺願望」

高校の時から存在は知ってし、結構どこでもやってる台本だったけど、これを舞台で観るのはこれが二回目。一回目は、私が大学入ったときの新入生歓迎公演。ほとんど内容を覚えていなかった!

ましてや刑事さんなんて…えぇ!? 刑事さんなんていたっけ!?ww 女子高生と強盗のイメージしかねぇwww 刑事って脇役のイメージなんだけどあれそうか、メイン級だったんだwww

台詞はまぁまあ聞き取りやすい方で、キャラもしっかり立ってたけど、強盗さんの動きが気になって仕方なかったww クセなのか? クセって気になるんだよねぇやっぱり。。それが残念。
最後音楽流れなくって、ひたすら女子高生と強盗の苦しいアドリブが続いてて、すごく寂しかったwww


「~ぶち壊し御伽噺~ 頑張れワカゾー」

不思議の国のアリス物という事で、この時点から嫌な予感はしていたんだが……予感的中だった。何だか全てがすべりまくってた。

アリスの次の世代って設定は面白いと思ったけど、なにせ、な。

とかく、二重人格を演じるのってわざとらしくなるんだよねぇ。どれもわざとらしくなっちゃって難しい。で、なおかつ今回の舞台、皆が皆二重人格設定で、皆わざとらしく見えてしまって、すごい拒否反応が起きたんだよな(苦笑)
それに加えて暗転の長さ、音響の無さ。あそこまで衣装にこだわっているだけあって、細かい簡単な衣装の手抜がすっごい気になる。

そして台詞があまり聞き取れない。毎回一つはある、体力を削がれるタイプの劇であった。

しかもこれがあの……高校とは……代替わりとは怖いものである。



「サンタクロースが歌ってくれた」

紹介のページにハイカラなイラストがあって、それだけで私の場合心が躍ったvv 袴とか、まぁLOOSERの影響がかなり強い(笑)

でもこの高校か……うん……自分達が高校生だった頃はいい印象ないんだけど、大丈夫やろか……

なんて心配要りませんでしたー!! 代替わりとは怖いものである!!

踊りとか、最初からすげーかっこいい。というか、綺麗だ! この踊りの時のBGMも、まるでこの台本のために作られたかのような、計画性のあるタイミングばっちりのBGMで鳥肌www 台詞が入らない部分は、もちっと音響大きくして欲しかった。

で、女子高なのにも関わらず男性役のクオリティの高さ。思わず芥川と江戸川に惚れそうになった。……ん、女子高だからか? あ、江戸川は袴か、ただの袴萌えなのか!? いや、かっこよかったぞ!!

9人というキャストの多さなのに、個々が個々の色をしっかり出してて、どれが誰か分からない、というよくある事態に陥らなかった。
演出の上で遊び心を忘れなかったのが、この劇の笑いを取れて、客を引き込ませた要因だと思う。それを演じきる役者の力量もすごい。

舞台も平台だけとすごくシンプルだった。その平台の使い方としては、私達がやった「斉藤さんと佐藤さんちの恋愛参観日」の使い方と同様。上と下で場所の違いを上手く表していた。


人の劇を観ていて、久しぶりに「これ自分もやりたいな」と思えるぐらい楽しそうだった。
好きなキャラは江戸川&ミツ(だっけ?)、自分に合いそうなのはお嬢様、男装するんだったら警部さん、けど本当にやりたいのは芥川! と勝手に考える自分ww

って、すごく良かったし面白かったんだけど、すごく残念なのが台詞が聞き取れない時が多い事……!!
叫んでるところとか特に。皆聞き取りづらい……!! 話についていけないよ……っ!!!



……と、こんな感じでした。
袴着れなくてもいいから、ものすごく芥川がやりたい←まだ言ってる
[PR]
トラックバックURL : https://mowing.exblog.jp/tb/10760728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by monana-natsuki | 2010-02-11 23:53 | 演劇・芝居 | Trackback | Comments(0)

演劇・アニメ漫画好き。絵描いたり文書いたり動画作ったり歌ったり。twitterが主な生息地ですがこちらも復活していきたい所存。


by 夏稀モナナ