LOOSER

非常に眠いので(笑)、詳細は後日!
-------------------------------------------


本番が終了しました。半衣装のまま帰宅し、奇跡的に弟が起きてたので、胸を締め付けていたサラシとガムテープを剥がすのを手伝ってもらいましたw いや、胸板のまま明日学校に行く事になるかと思ったよ。よかったよかった。


LOOSERですが、同じ劇を打つということで、かなり質の上がったものが出来上がったと思います。役が体に染み込んでいたんじゃないかなと。
あと、土・日・月って連続でゲネきっかけ・本番がある事がすごくいいですねっ。モチベーションがゲネきっかけで上がって、本番まで維持できる。

本番中は目立った失敗もなく、本当に楽しかったです。想像以上にお客は少なかったけど。あれアコギ部さんが押しかけるんじゃ…

前回同様、デジカメを一応そでに用意していたのですが…前と違って、皆のサポートに回る事が多かったのであまり撮影できませんでした。
でも少しでも、そうやってお手伝いして、皆で打っているこのLOOSERを感じたかったんです。

役者を始め、照明・音響・広報、最終的には最初のプロジェクターまで、いろんな人のお仕事に関われて、いろんな人のLOOSERを感じる事ができました。



ちょっと残念だったのは、9時には8号館を出なければならなかったので、その数十分前に終わった私達は、終了の余韻に浸る事も、輪組みをゆっくりする事も、ましてや記念撮影も撮れなかったわけです。


明日でいいかと思ったら、まさかの土方副長が来れないという事。


あの舞台の上に、あのメンバーで立てるのは、今日が最後だったなんて……
まぁ、それが当たり前っちゃ当たり前なんですが。時間って酷。



まるで早着替えのように、急いで準備して着替えて外出て解散! てしたので、吹っ飛んでいましたが……電車に乗って、あぁ終わったんだな、と、実感しました。私達の新撰組は解散したんだなと。

近藤さんの「俺はあのままでもよかったんだ」という言葉がふっと浮かびますが、変わらないものなんてないわけで。
でもその変わる時を伸ばす事はできるから、この再公演があるわけで。

本来なら、11月で既に新撰組は解散してるはずだった。
そう思えば…私達は幸せだったのかな。……土方や桂さんに「いつまで俯いている!」て怒られそうだ。


今の卒業生達ともっと演劇をやりたいと同時に、在校生ともずっと演劇をやりたい。残したいものや、やりたい事がいっぱいある。それにまだ仲良くなってない。


二年目で楽しくなってきた時に卒業する短大生の宿命か。元々演劇部が狙いだったんだから、四大に入ればよかったんだ。ちくしょう。
[PR]
トラックバックURL : https://mowing.exblog.jp/tb/10559958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by monana-natsuki | 2009-12-15 00:11 | 演劇・芝居 | Trackback | Comments(0)

演劇・アニメ漫画好き。絵描いたり文書いたり動画作ったり歌ったり。twitterが主な生息地ですがこちらも復活していきたい所存。


by 夏稀モナナ